埼玉県さいたま市浦和区には何がある?引越する前に知っておきたいこと!

人気の浦和!でもなぜ浦和は魅力的なのか?


さいたま市浦和区は埼玉県の県庁所在地で、市役所などの行政機関が集中して存在する自治体です。人口16万人超の自治体で、埼玉県のさいたま市南部に位置するのが特徴です。

サイ・タマミ
ウンウン。それは知ってる〜。けど浦和には何があるのヨ?
サイタマニア
さいたま市の中でも浦和にはいろんな魅力があるんだメーン。例えば・・・
サイ・タマミ
え、そうなの?早く教えなさいYO! は ・ や ・ く!
サイタマニア
任せろメーン。浦和の魅力たっぷり届けるメーン。

埼玉県さいたま市浦和区には何がある?


浦和区に何があるかといえば、さいたま市を本拠地とする浦和レッズの練習場、駒場スタジアムがあります。

また市営の駒場スタジアムは浦和駒場スタジアムとも呼ばれ、これが正式な通称となっています。

浦和は観光地としても魅力的!?


観光地として見てみると、浦和駅と徒歩5分ほどの場所にある桜の名所玉蔵院や、現代的な外観が目を引く埼玉県立近代美術館が挙げられます。
さらに、市立青少年宇宙科学館も有名ですし、国道463号線が通る埼大通りのケヤキ並木も有名です。

このように、観光名所が豊富で人を呼び込む魅力が溢れるのが浦和区ですから、引越し前に一度訪れてみるのがおすすめです。

他にも市立浦和博物館や県立文書館といった、立派な建物を持つ市立や県立の施設が点在しています。
神社仏閣は玉蔵院に加えて調神社や大善院もありますから、落ち着いた雰囲気の中で過ごせる場所も豊富です。

散歩コースには花と緑の遊歩道も選択肢に加わりますし、買い物をするなら駅周辺の浦和コルソやアトレ浦和、浦和パルコなどが便利です。
商業施設の開発が盛んなので、街の中心ともいえる駅の周辺は開発が進み、便利に買い物を楽しめる場所が増えています。

この為、浦和区のどこに何があるか分からなくなった場合は、一度駅の方に戻ると場所が客観的に把握できるので迷わずに済みます。

カフェ・工場など楽しめるスポットがいっぱい


しかし駅から少し離れると、今度は地域に密着するカフェが充実しているので、時間を忘れリラックスして過ごせます。
カフェに何があるというわけではないですが、それぞれ個性的な雰囲気の中で、淹れたてのコーヒーや自家製の料理を楽しむことができます。

こちらも浦和駅の近くですが、食品メーカーロッテの浦和工場があることで知られます。
外観は四角い大きな建物ですが、大きくメーカーのロゴが入っているので、近づけばひと目で分かります。

工場は見学に対応しているので製造の様子を見ることができますし、試食の機会も用意されていますから、友人やカップル同士、あるいは子供連れでも楽しめるでしょう。

都会と自然が融合した街


浦和区の面白いところは、駅から少し歩くだけで、都会とは思えない自然に触れられることです。
別所沼公園は、1周が約1,000mという散策コースになっていて、ゆったりと大自然を満喫することができます。

遠くに目を向ければ人工的な建物が見えますが、別所沼公園自体は自然に囲まれ、季節の木々や花々が出迎えてくれます。
鉄道好きなら少し足を伸ばせば大宮区に鉄道博物館、歴史を感じたいなら川越市の蔵造りの町並みにアクセスできます。

全てのスポットが浦和区に収まるわけではありませんが、駅の周辺には魅力的な場所や施設が溢れており行き来しやすい距離なので、感覚的には区外も浦和に収まる感じです。
埼玉県の中でも、さいたま市は開発が進んでいて注目を集めていますが、この区はもっと目が離せないでしょう。

史跡や文化財、祭りなどの伝統行事が沢山ある


歴史と文化、現代的な生活が入り交じる場所で特別何があるとは一言で言えませんが、東京都心とは20から30kmと近く、治安は良好で住み良い場所なのは間違いないです。
東西には国道436号線、南北には国道17号と、各地を結ぶ交通網が発達している地域でもあります。

JRの沿線に位置していたり、沿線の西側にオフィス街、東側に住宅街と分かれている点も魅力的です。
地域には史跡や文化財、祭りなどの伝統行事が沢山ありますから、長い歴史の中にも魅力を見つけることができますよ。

教育や文化にも力を入れている!


また、美術や科学にスポーツと、教育や文化にも力を入れている区なので、子供の教育に向いている街ともいえるため「浦和区に住みたい」というファミリー層は意外と多いです。

単身者、ファミリー層どちらにも人気の都市として今後もどんどん発展していくでしょう。